SSブログ

母親としてのうしろめたさ [教訓の泉]

最近の私は、思うところがあって、

医療や療育などに、過剰に期待するのはやめて

今後は、自分を頼りに進もうと思い始めていた。


今までとは違う、その気持ちは、

自然に、自分の言葉や行動に現れた。


いつの頃からか、私は 子供の後始末に追われ、

探しモノ、修理、そして膨大な掃除、洗濯と料理で

毎日が手一杯で、いつも小言を繰り返していた。


これでは、永遠にどうにもならないと思い始め、

子供に、モノを壊されたり、失くされたりする前に、

私から、強引に2人に関わっていくようにした。



以前、子供達といる時間は、なぜか苦痛で

寄ってこられると、なぜか家事を始めたくなり、

時々、物理的に、子供と距離を置こうしがちだった。


でも、今は、目的があるせいか、

自分から子供に寄っていくことができる。


そして、昨日、U一郎を軽く抱きしめながら、

ベランダのある窓から、沈む夕陽をしばらく眺めた。


なんとなく、いつもと様子が違うU一郎を見ると、

妙になまめかしく、うっとりした顔で私をみつめ、

なんと「ママ、大好き・・」と言った!


その言葉は、U一郎からは、初めて聞く言葉だった。


どこで覚えたんだろう?

意味わかってるのかな?

このあと、どうしよう?


頭の中がフル回転しながら、なぜか動揺しまくり、

私は、母親として、とても後ろめたい気持ちになった。


そしてその後、私は、

U一郎をちゃんと愛してこなかったことを自覚した。


どうしようもないU一郎に、本当に疲れ果てて

育児や家事が大変だといっては、療育に頼り

子供を愛することから逃げていたんだと思う。


その日、U一郎は、

相変わらず、モノをどこかへ隠したり壊したりしたが

夜寝るまで、激しい奇声を響かせることはなく、

なんとなく、やわらかい優しい顔をしていた、



U一郎を、可愛いし、かわいそう、とも思っているけど

健やかなるときも、病める時も、常に一緒に、、とか

そういうのは、無理無理、絶対無理。


でも、自閉症で他人と関わらないU一郎にとって、

母親の存在や、母親に求める役割は、

普通の子供よりも 大きくて重いのかもしれない。


私が、もう少し母親としての役割をこなせれば

U一郎の毎日も、私の毎日も、

もう少し違ったものになるかもしれない。


ただ、私が努力したところで、できるのかな。

どうしたら、懐の深い母親になれるのかな。


U一郎はね。

生まれてくる場所を間違えてるよ。

  

 

  


共通テーマ:育児
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。