SSブログ

悪い予感はよく当たる/破壊(4) [問題行動]

子供たちは、毎日、必ず、モノを壊す。

少しでも、その片付けの負担を減らす目的で、

引き出しに、外からは見えない鍵を取り付けた。


その結果、以前は開いた引き出しが、

開かなくなったことに、U一郎が激し怒り、

U一郎も部屋も、悲惨な状態となって、

作りかけの夕食まで、台無しにしてしまった。





自閉症のU一郎は、環境の変化に弱い。


だから、鍵がなかった引き出しに、

途中から鍵をつけるのではなく、

「鍵で開け閉めできる引き出し」というのを

最初から、U一郎によく見せて理解させ、

その後。鍵を閉めて利用する方が

良かったのではないだろうか。


そんなことが、頭をよぎった。


でも、それより、もっと大事なことは、

鍵を閉めて開かなくなった引き出しを、

また、開けておいておくのか、

それとも、二度と、U一郎の前では開けないのか、

早く決めることだった。


引き出しが、再び開くようになると、

きっと、U一郎は、また怒り狂うだろう。


それは、もう嫌なので、

とりあえず、しばらく閉めたままにしておいた。


すると、U一郎は、その後、

引き出しを撫でたり、指でつついたりしていたが、

無理に開けようとしたり、怒り出すことはなかった。


「この引き出し、いつになったら、U一郎の前で、

鍵で開け閉めを、できるようになるのかな。」


引き出しの方を眺めて、ぼんやり考えていると、

よく、O次郎がそばにやってきて、

私の方を、じっと見ていたのを覚えてる。







共通テーマ:育児
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。