SSブログ
予言の書棚 ブログトップ

子供たちの障害についての悪い予言(2) [予言の書棚]

発達が遅かったU一郎とO次郎が

言われ続けたいくつもの「悪い予言」。


今になって、落ち着いてふり返ると

根拠のない占いレベルのものが多かった。


それでも、それなりに心を乱されたけれど、

必ずしも悪いことばかりではなかった。


どうしてかというと、それはやっぱり、

その「悪い予言」が的中にしないように

出来る限りの手を打とうとしてきたから。


「悪い予言」がなければ、

「そのうち、できるようになるかも」と

ただ様子を見て過ごしてしまって

取り返しがつかなくなったこともあったかもしれない。


そして、いくつかの「悪い予言」は

すでに「当たらなかった」と言える。


その一つは、「発語」。


多くの関係者が、

「この子達は。喋れないかも」という想いを抱きつつ

私達親子と接してきたように思う。


そんな風に感じることが何度もあった。


そして、反対されつつも

自己流で、2人に言葉を教えた。


思ったようにはいかなかったけれど、

子供たちは、多少、言葉を使えるようになった。


もしも、子供たちが

今でも全く言葉をつかえなかったら

私のカナシミはもっと深かったと思う。


   

 






共通テーマ:育児

子供たちの障害についての悪い予言(1) [予言の書棚]

U一郎とO次郎は、2人とも発達が遅かった。


そのため、乳児期から、医療機関や福祉施設など

様々な場所に出入りする機会があった。


そこで、いろいろ人と話をする中で、

子供たちの発達について、

いくつもの「予言」をされてきた。



【2人について】

・発達検査の伸びについて

・言葉を理解する能力について

・発語の有無について

・鉛筆やおはしをもてる時期について

・オムツはずれの時期について

・絵のレベルについて

・読み書きの成長レベルについて

・国語や算数の文章題・読解の可否について

・運動能力について

・就学先について

・家庭生活の問題について

・就職について

・恋愛・結婚について

・住居について


【U一郎について】

・人間関係について



【O次郎について】

・足の動きについて

・二次障害について

・視力について




共通テーマ:育児
予言の書棚 ブログトップ
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。